乳液とクリームの違いとは

キレイで健康的な肌を維持していく上で、絶対に欠かすことのできない毎日のスキンケア。 皆さんも様々な基礎化粧品を使用して、日々頑張っておられることと思います。

その様々な基礎化粧品の中でも、似ているように思われがちなのが、乳液と保湿クリームです。 確かに、「似ている」という捉え方は間違いではないのですが、大きく異なる点があります。

乳液と保湿クリームが大きく異なる点、それは含まれている油分の量です。 油分は、乳液と保湿クリームの両方に含まれているものの、保湿クリームのほうが油分を多めに含んでいます。 乳液は水っぽいですし、それに比べて保湿クリームは若干の硬さがあるので、形状からもすぐわかるかと思います。 そして、油分が多いということは、その分保湿クリームのほうが、保湿力は高くなっています。

保湿クリームは、必ずしも使用しなければいけないというものではありません。 20~30代の方であれば、保湿クリームが不要で、基礎化粧品の最後を乳液としても問題ない場合もあります。 しかし、乾燥肌の方や、乾燥が気になる部分があるという場合は、乳液の後に保湿クリームを使用したほうが良いかと思います。