乳液はこんな使い方もできる

毎日のスキンケアにおいて、欠かせないアイテムである「乳液」。 通常であれば、化粧水で肌に補った水分や、美容液で肌に補った栄養分が蒸発しないように、肌の表面からコーティングを施すために使用しますが、実は別の使い方をすることが可能です。 では、どのような使い方をすることができるのか、簡単にご紹介したいと思います。

乳液洗顔

洗顔料の代わりに、乳液を洗顔料として代用する方法です。 乾燥や肌トラブルによって、洗顔料が肌にしみて痛いといった時におすすめです。

乳液クレンジング

クレンジング剤の代わりに、乳液をクレンジング剤として代用する方法です。 クレンジング剤と比べると油分が少ないので、メイクの落ちは劣りますが、その分肌への刺激が少なく、同時に保湿もしてくれるのでおすすめです。

乳液パック

乳液を顔全体に馴染ませ、そのまま20~30分程置いておくだけで、簡単にパックができます。 化粧水を使用する「ローションパック」よりも、一段と高い保湿効果が期待できます。

このように、乳液としての使い方ではなく、他の使い方もできるので、乳液は優秀な化粧品ではないでしょうか。 使用を避けていたという方も、1つは持っておいたほうが、有効に活用できると思います。